上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはECOとはまったく関係ない完全に個人的な話です。

しかもかなり暗い話だし、人に見せる話でもないので見ない事をオススメします^^;


気持ちの整理としての書き込み…なわけです。


一昨日の4月4日11時45分、我が家の愛犬「ゆき」ちゃんが人生?を終えました。

享年16歳。もう大往生ですね。中型犬(柴犬)としては長生きしてくれたものです。
つい先月まで元気で走り回ってたのに、ここ数週間で突然歩けなくなって、
息がつらそうになった次の日には死んでしまいました。
わからないものですね・・・。

なによりも、あまり長く苦しまずに逝ってくれて本当によかった。
最後の最後まで、老犬とは思えない若作りのまんま ^ ^ ;

私に頭を撫でられながら彼女は息を引き取りました。
彼女の最後の一息、消え入る寸前の鼻息の音が今も耳に残っています。

もっと散歩に連れ出してあげればよかった。
もっと撫で回してあげればよかった。
呼吸が小さくなってからじゃなく、前の日からずっと横にいてあげればよかった。
今更な後悔ばかりが浮かびます。



でも。
花に囲まれた彼女の綺麗な遺体を前にした時も、最後に触れた時も、最後に話かけた時も、
もちろん今も。
口をついて出るのは「ごめんなさい」じゃなくて「ありがとう」ばかりでした。

いつも相手をしてくれてありがとう。
いつもそこにいてくれてありがとう。
16年間も付き合ってくれてありがとう。
長生きしてくれてありがとう。

深夜にバイトから帰って来た時も、イヤな事があった時も、体調悪いのに出かけなきゃいけなかった時も。
普段考えもしなかった。
だけど今考えればどれだけ助けられていたことか。
どれだけ癒されていたことか。

ほんと、ありがとうとしか言えないよゆきちゃん・・・

どこかに言葉として残したくて、でも私は日記なんてつけてないし。
だから場違いだとは思うけど、この場を借りて書かせてもらいます。


ゆきちゃんありがとう。心から感謝しています。
写真を見るとまだ涙が出てくるけど、私もみんなももう大丈夫だから。
ゆっくりと、ぐっすりと、もう夜中に私に叩き起こされる心配も無いしね ^ ^ ;
おつかれさまでした。おやすみなさい、ゆきちゃん。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinotohime.blog56.fc2.com/tb.php/70-39f4466d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。